スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.04.12 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    親の味方となる会社〜オヤノミカタ 代表取締役 松井知敬さん

    0

      「オヤノミカタ」=親の味方。

      そう言われるだけで救われる親たちがどれほどいるだろう?

      私は救われた親の一人である。

      周りの手を借りることが難しい親たちは、

      時に、子供という宝を前に絶望の淵にいる感覚にさえなる。

      しかし「手を貸してほしい」と言える相手もいない。

       

       

      専業主夫を経験したことで、子育ての厳しさを痛感した松井知敬さん。

      3人の子どもをもつパパだ。

      大学卒業後、フリーランスでのIT事業を経て広告代理店勤務。

      そこでのでワーカーホリックな生活を経験した後、一転、専業主夫となった。

      そんな松井さんに容赦なく襲い掛かったのが「子育て」の大変さ。

      これまでの仕事脳から抜けきれず、まるで仕事をするかのように

      「うまくやろう」という思いで子育てに向き合った。

      子育ては、これまでとは両極端にある世界。

       

      「ひとりでは無理だ」

       

      そう感じて妻に泣きついたこともある。

       

      現代の親たちが抱える課題を痛感したことが、会社を設立するきっかけだったという。

       

      自身の専門分野であるマーケティングやITは、どんな領域にも活かせると考えていた。

      まずはブログを書き、親たちとの意見交換。

      それと同時に、子育てを支援する立場の事業者とも交流の場を持った。

       

      「子育てはひとりでは無理」と悲鳴を上げる親たち。

      子育てに役立つ商品やサービスを提供する事業者。

       

      両方とも数多く存在するのに、なぜつながらないのだろう。

      そこで、自身がそのつなぎ役になることを決めた。

       

      松井さんの思い、オヤノミカタの具体的な活動についてインタビューした。

       

       

       

       

      続きを読む >>

      京都・宇治でかきかた教室を開く 川田道子さん

      0

        「せんせ〜!みてみて!かけたよ〜!!」

        子供たちの元気な声が響く。

         

        京都府宇治市のみのり幼稚園。

        ここで「かきかた教室」を開いている川田道子さん。

        この幼稚園や保育園、自宅などで教室を開き、

        これまでに、のべ3万6千人の子供たちと関わってきた。

         

        川田さん1

         

        そもそも、彼女がこの「かきかた教室」を開いたのは、

        「子供の笑顔で救われた自分が、今度は子供たちを笑顔にしたい」

        という思いからだという。

        結婚当初から「ダブルケア」の問題に直面した。

        「ダブルケア」とは、子育てと介護を同時に担う状態のことで、

        現代では社会問題といってもいい。

        晩婚化によってダブルケアの状態になるケースが多いと言われているが、

        彼女は若くしてその問題と向き合った。

         

        当時は泣いてばかりいたが、介護の役目を終えて、ふと感じたのが

        「私は子供の笑顔に救われていたんだ」

        大学時代に教育学部で学んだ彼女はオリジナルの指導法を考案し、

        6年前から教室を開いている。

         

        みのり幼稚園でのかきかた教室の様子を取材した。

         

         

         

         


        CASAリメイク作家 柴田民緒さん

        0

          兵庫・阪神間にある住宅の一室に構えられたアトリエで、

          大島紬の着物にはさみが入る。

          縦に長い二等辺三角形のようなそのパーツは、日傘の一部である。

          この着物は九州から送られてきた複数の着物のうちの一枚。

          「亡くなった母の形見分けをしたい」

          依頼人の思いを、形にする。

           

          Casa de Paraguas の柴田民緒さんは、

          着物や様々な布地を日傘に生まれ変わらせるリメイク作家。

          Tammyという愛称で呼ばれている。

          Casa de Paraguasとは、スペイン語で「傘の家」という意味。

          自宅の一室にアトリエを構える彼女は、

          小学3年生の男の子の母親でもあるワーキングマザーだ。

          OL経験もあるが、子育てと仕事の両立のためには

          今の働き方が自分自身にはベストだという。

           

          柴田民緒さん

           

          元々、雨傘を解体してその素材を使って小物を作っていた。

          ある日、「逆をしてみたらどうだろう?」と思ったのが

          リメイク日傘制作のはじまり。

          世界に二つとないオーダーメイド。

          ミシンと手縫いで、丁寧に作られる。

           

          日傘の素材は、着物にこだわっていたわけではない。

          浴衣をリメイクする機会があり、「和」の素材が持つ美しさに惹かれた。

          そして、その浴衣が依頼人の母のものであったことから、

          これまでの制作とは違う思いを感じたという。

           

          浴衣から、それを着ていた「人」を確かに感じました。

          それが自分の手で日傘に生まれ変わった時に、

          今までとは違う気持ちが入ったんです。

           

          着物をリメイクした作品は数多く存在するが、

          日傘へのリメイクには、

          手元に置いておけることや

          特別な時でなくても使えることに利点がある。

          大切な人が遺したものが、形を変えても

          結局タンスのこやしになってしまうのであれば残念だ。

          私自身、親族が遺した布で日傘を作ってもらったが、

          傘をさすと、故人がどこかで自分を見つけてくれるのではないか…

          という気持ちになった。

           

          「気持ちのこもったものを形にするのがリメイク」

           

          そう語る彼女だが、今、新たな挑戦をしようとしている。

           

          2017年6月に「個展」を開く。

          オーダー作品とは違い、すべてを自分で表現する世界となる。

          芸術家としての一面を多くの人に見てもらいたい。

           

          現在、オーダーと並行して個展に出店する作品作りに励むアトリエにお邪魔した。

          日傘への思いや、個展に向けての心境を聞いた。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          ママの働き方応援隊

          0

            女性が出産後「働く」「社会に出る」ためには「子供を預ける」というのが一般的なのかもしれない。

            保育園なり、身内に頼むなり、預け先を確保できてはじめて「ママが外に出られる」。

            私自身も出産後すぐに働くことを選んだが、2歳の子供を保育園に預けることができたから実現している。

            「預けず、こどもを連れて働く」というスタイルは、「夢」だった。

            しかし、それが様々な形で「現実」になっている。

            そんな活動の場にお邪魔した。

             

             

             

            ある日曜日の午前、神戸市内の集会所。

            そこに、0歳から3,4歳くらいのこどもを連れたママたちが続々と集まってきた。

             

            「仕事」をするために。

             

            神戸市に本部のある「NPO法人 ママの働き方応援隊」に登録しているママたち。

            その活動の一環として、この日は企業の商品開発に協力するため、パンの試食会が行われた。

            開発を進めていくうえで、初期の初期の段階なのだろう。

            市販されているパンを食べ比べて、味や香り、食感などを厳しくチェックする。

            ジャムやバターなど何もつけず、トーストもせずに11種類の食パンを食べ比べるというのはかなりハードな作業だ。

            これが商品開発の根底を支えているのだと思うと、適当ではすまされない。

            それぞれ、ママたちはしっかりと吟味して、チェックシートに記入していた。

            お昼時が近づき子供たちもお腹を空かせていたのか、ママと一緒にパンの試食をしている子も。

            鋭い目線で意見する姿は、個人的に癒された。

             

            ママが求める、「本当に食べたいパン」「子供に食べさせたいパン」とは…。

            企業は「ママ目線」で商品を開発したい。そこに商機があると見込んでいるのだ。

             

            彼女たちは、子育てをしながら、こどもを連れて、社会と積極的にかかわる道を選んだ。

            そこまでの道のりには様々な経験や思いがあったことと、同じ母親として推測できる。

             

            この日の様子を動画にまとめた。

            (ママの働き方応援隊について、 神戸中央校 学校長の 南麻衣子さんに、活動についてのお話をお聞きした。)

             

             

             

             

             

            余談だが、私の娘は2歳5か月。絶賛イヤイヤ期中である。

            産後3か月で、少しずつ仕事に復帰し、9か月から保育園に預け本格的に仕事復帰をしたが、

            もしかすると子供と一緒にいられないことが、イヤイヤを助長しているのか…と思うこともある。

            産後3か月ごろから保育園入園申請に躍起になっていたけれど、本音を言えば、いつもこども一緒にいたいし、

            子供にとってもそのほうがいいのでは?と、自問自答の日々だ。

             

            一方で、産後一旦仕事から退き子育てに専念すると決めたママたちは、大人と話をする機会すらなく、社会からどんどん距離を感じている。

            ママ友を作って交流するのもいい。でも、そこは「社会」とは違う。

            そんなママたちと社会をつなぐ「ママの働き方応援隊」

            「赤ちゃん先生」を活動の柱として、働き方の多様性を社会に提起し、実現しているのである。

             

            今回集まったママたちは、しっかりと「仕事」として、責任感をもってこの試食会に参加していたように感じた。

            撮影するカメラのファインダーを通して、そういう表情が見られたのだ。

             

            ママの力は、社会に認められ、社会を少なからず動かしている。

             

             


            インタビューチャンネル開局準備のごあいさつ

            0

              JUGEMテーマ:お知らせ

               

              インタビューチャンネルを立ち上げました、関西で活動するフリーアナウンサーの小田根実穂です。

               

              20年以上この仕事をしていて、取材をしていない時はないというくらい、テレビでもラジオでも現場に行く機会をたくさんいただきました。

              一時の母となり、これまでとは違った目線で取材やインタビューができるのではないかと考え、

               

              取材、動画撮影、インタビュー、動画編集、記事執筆を一人でこなす、

               

              一人放送局を開局することにしました!!

               

              特に「人」にスポットを当て、生き方のヒントとなるお話や活動についてお送りしていきます。

               

              こちらのブログは、記事と動画のリンクをアップする局舎として活動していきます。

               

              私が見つけた素敵な人、素敵な活動、社会の動き…

              どんどん取材していきますね!

               

              とはいえ、まだ準備段階。

              本格的に稼働しましたらお知らせいたします。

               

              どうぞよろしくお願いいたします♪

               

               


              | 1/1PAGES |

              PR

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM